voice

株式会社レコチョク 稲荷 幹夫 様

お互いに努力して、
より良いチームにしていく

慶應義塾大学院卒業後、アクセンチュア株式会社へ入社。
iモードの立ち上げ当初からモバイルコンテンツに深く関わる。
その後、株式会社サイバードCTOを経て、2012年に株式会社レコチョクへ入社。
CTOとして、AWS移行等最新技術を積極的に取り入れ、新しい音楽の届け方をシステムの側面よりサポートしている。

株式会社レコチョク 執行役員 CTO

稲荷 幹夫 様

御社がオフショア開発を検討された経緯について教えてください。
ご存知の通り、東京では優秀なエンジニアを確保することは非常に厳しくなっています。
とくに当社のように大型のWebサービスを複数展開している事業者では、優秀でセンスの良いエンジニアを求めるため、そもそも絶対数が足りない中で各社との人材獲得合戦はますます激戦になります。
そんな背景を受けて、当社のみならず大手Webサービス事業者各社は、グローバルに開発リソースを求め、組み合わせて最適化することはすでに当たり前となっています。
サービス自体がいつかグローバル展開したときに備えて体制を見据えるというのもあります。加えて、コスト競争力。
日本の優秀なエンジニアに日本のコストで任せる仕事、ベトナムの優秀なエンジニアにベトナムのコストで任せる仕事、これらの組み合わせて、質・量ともに最適な開発体制を構築していきたいという思いから、オフショア開発を選択しました。繰り返しですが、これはもはや業界全体で当然のことです。
ムロドー・ベトナムを選択した理由について教えてください。
ベトナム以外の国も含めて、かなりの数のオフショア開発会社を視察しました。そんな中、ムロドーを選択した理由は、(1)大手Webサービス事業者のラボ型開発実績が豊富であること、(2)東京本社自体も開発会社として技術力があること、の二つが大きいです。
(1)については、比較的大規模なWebサービスや、ノリノリのスタートアップのラボ型開発の実績があったことは大きいです。
いわゆる業務システムの開発とは異なり、ユーザー向けに展開しているWebサービスでは、その開発サイクルやスピード、必要なマネジメントはまったく異なります。これは、ムロドー自体が創業メンバーを中心に大手Webサービス事業者で働いていた経歴を持つメンバーが多く、仕事を進める上での目線やリズムが当社のようなWebサービスを展開している企業と合うからでしょう。
ラボ型開発は受託開発とは異なり、「開発チームの一員として機能する」サービスです。そのため、いわゆるSIerのような受託側のキャリアだけを持った人だと、どうしてもこちら側が伝えたいニュアンスや速度にズレが出てくるのです。

ムロドーは、自社サービスを提供してきたキャリアを持ったメンバーが多く、これは他社にはない魅力のひとつでした。
(2)についても非常に大切な要素です。通常のオフショア開発会社というのは、日本は営業拠点としてのみ機能します。
何か問題が起きた際、日本のエンジニアと相談しながら、グループ全体でサポートしてくれる体制は心強いです。
なにより、「グループ全体のDNAがシステム開発会社であること」を感じます。
ムロドーは東京本社でも開発をしているため、ベトナムのエンジニア教育についても非常に実践的で、技術へのこだわりを感じました。
ムロドー・ベトナムのラボの評価について教えてください。
ラボを開始してから2年以上が経ちますが、いくつかのサブシステムを担当してもらっています。開発力そのものについては満足しています。
開発そのもの以外の周辺の業務、例えば、ソースコードレビューやテストなどで、課題となる部分は出てきましたが、ラボチームと当社で一緒になってその都度改善してきました。
現在は、業務知識をしっかり習熟して欲しいと思って進めています。すでに当社のシステムには成熟しているので、今後はより業務知識が求められる部分を任せたく、システムや技術というよりは、業務知識のトランスファーに挑戦しています。
文化も背景も異なる海外の開発者と一緒のチームになって仕事を進めるわけですから、当然、当社とムロドー側(ラボチームそのもののそうですし、それをマネジメントするムロドー側のマネージャーもそうです)が、お互いに協力する必要があります。
「お互いに努力して、より良いチームにしていく」という共通認識があることが、非常に頼もしく思います。
ラボに取り組んでからの御社側での変化について教えてください。
当社側の担当エンジニアが成長しますね。
開発プロセス全体を見越して、どのようにベトナム側へ指示を出す必要があるのか、というプロジェクト・マネジメントの能力が鍛えられると感じています。プロジェクト・マネジメントの能力は、仕事全般に通じるので、若手を中心にどんどん経験して欲しいと考えて考えています。
また、担当エンジニアには、一年に何度かはホーチミンに数週間出張させています。海外経験を積むということ自体も大切で、成長に寄与していると思います。
また、会社という視点で考えると、当初計画通り、開発コストを効率化できました。
従来、日本のベンダーに依頼していた部分の多くがベトナムで十分に担当可能であることがわかったので、ひとつずつ移管しています。
ラボに対する今後への期待や改善点について教えてください。
最初の企画・設計は、当社のエンジニアが担当します。
その後の製造工程をラボチームにお願いしているのですが、これはもう既にできている。今後はエンハンスの部分について、設計から任せられるように期待しています。
そのためにはシステムや技術への習熟はもちろんですが、業務知識も必要。現在はそこに挑戦しているところです。
エンハンスは何度も繰り返すため、一度のエンハンスのサイクルを終えるだけでなく、「今回はここまでをやり、次回はここを改善していく」というサービスやシステムのライフタイムサイクル全体を見て、ラボチーム側から提案してもらえるようになるとベストだと考えています。
株式会社レゾナ 関谷 亮 様

チームで当社を担当してくれている"という感覚

製造業の工場経理部門で財務・経理業務に従事する傍ら、社内業務システムのPG、社内システムの導入・構築SE、PMを兼務後、海外子会社の経理業務、会計監査を経て、2005年レゾナに参画、2014年より現職。総務、財務、経理、調達、採用を幅広く担当。

取締役 常務執行役員 管理本部 部長 / 株式会社レゾナ

関谷 亮 様

御社がオフショア開発を検討された経緯について教えてください。
事業が拡大していくにつれ、エンジニアの慢性的な不足が顕在化しており、包括的な対策を考えていた。
とくに当社は群馬に本社があり、東京などと比較してもエンジニア採用については苦戦していた。
4年前のIT系の展示会で御社ブースに訪問し、説明を受けて、ずっと頭にはとどめていた。
私自身、外国人エンジニアと仕事をしたり、海外子会社のマネジメントをした経験もあるので、海外とプロジェクトを進めることにはさほど抵抗はなく、選択肢のひとつとして検討すべき、という認識だった。医療・介護連携のシステム事業である”i-MEDIC”、”i-MEDIC2”パッケージとして成熟期に入り、エンジニアリング・リソースの長期かつ安定的な確保を抜本的に解決すべく、オフショア開発に踏みきった。
ムロドー・ベトナムを選択した理由について教えてください。
コスト優位性はもちろんのこと、「オフショアの開発チームを導入するということはどういうことか?」について、メリット・デメリット両面からの説明が丁寧だったことが大きい。
営業担当者と話をしていて、当社がどういう状態で、ベトナム側の体制をどうすればいいか、どのように進めればうまくいくか、ということを真剣に考えて頂いていることが伝わってきた。
何度かディスカッションしているうちに、我々の中で実際に運用しているイメージが湧いてきて、「やってみよう」ということになった。
ラボ型開発でアサインされるエンジニアは、当社のプロジェクトを専任で担当してくれる。他の仕事と掛け持ちではないので、しっかりとシステムを理解してプロジェクトを進めていこうとする姿勢が強く、その点も魅力的だった。

また、ムロドーは日本に本社があり、システム開発をしていることも安心感のひとつ。
多くのオフショア開発会社は、日本は営業拠点としてのみの活動になるが、ムロドーの場合は、日本単独でも、日本とベトナム連携でも、多くのプロジェクトを手がけている。
現在のラボについては、基本はベトナムチームだけで動いてもらっているが、何か難しい問題が生じた際に、日本の開発チームと連携して問題解決にあたれるというメリットはありがたい。
ムロドー・ベトナムのラボの評価について教えてください。
率直に、吸収力の速さには驚かされた。
スタート当初に顔合わせした段階から、ラボにアサインされたメンバーならびにベトナム現地のGMが、準備をしっかりしてくれていたのを感じた。事前に送った資料の読み込みが丁寧で、課題となるであろう事項を洗い出してから打ち合わせに臨んでくれていた。
日々の業務については、細かいニュアンスを意思疎通するまでには慣れが必要だったが、ラボ開始から1年半たった現在、当社もラボチームも仕事には慣れて、Skype等のやり取りもスムーズになっている。
過去には、退職等でラボのメンバーが入れ替わることもあったが、引継もしっかりしてもらっており、出戻りは少ない。
「チームで当社を担当してくれている」という感覚を持っている。
ラボに取り組んでからの御社側での変化について教えてください。
当社側のエンジニアのスキルがあがった。社内での開発作業だと、隣の席に座って画面を見ながら口頭レベルで進めることができる。
これは良きにつけ悪しきにつけ、プロジェクトを容易に進めることができてしまうが、遠隔でしかも海外のエンジニアと仕事をするとなると、当社側の意思をしっかりと伝える必要が出てくる。
この作業で、スタッフがだいぶ成長したな、と実感する。システム全体を把握して、それをきっちりと伝える能力が飛躍的に向上した。
また、当社内でやったほうが良い領域、ベトナムに任せた方が良い領域、を判断する力も育ってきている。
ラボチームとの日々のやり取りはチャットで行っているが、みんなノリが良くて楽しそうにやっている。
ラボに対する今後への期待や改善点について教えてください。
将来的には開発ラインを複数化していきたいと考えている。
現在は弊社パッケージの共通部分の開発やサブシステムの開発をお願いしているが、品質とコストのバランスから、当社側の開発リソースとして本格的に検討していけると思っている。当社のスタッフも含めて、事業の成長を支えられる開発チームを、長期的な視点でつくっていきたい。
ミニマムな視点としては、開発プロセスとして、基本設計は当社で、詳細設計からベトナムでお願いしているが、徐々に基本設計から担当してもらえるようにしていきたい。
ラボの良さは「当社専用のチームとして動いてくれる」ことなので、システムに対する習熟度は時間を重ねるごとに増す。
当社側からの要求も徐々にあげていって、将来的には、「逆にこうしたほうがいいですよ」と提案が来るくらいにしたいと思っている。
↑