事業内容

ラボ型開発

ムロドーグループでは、日本国内でのエンジニア人材不足という昨今の外部環境を踏まえ、2012年よりベトナム・ホーチミンシティに子会社(当社日本法人100%出資)を設立し、システム開発サービスを提供しております。上場企業様の大規模案件への対応からスタートアップベンチャー様の小規模チーム運営まで、幅広いお客様にご利用いただいております。


ラボ型開発とは

従来のいわゆる受託開発のように案件ベースで開発"機能"のみをご提供するのではなく、ベトナム現地にてお客様の"専属チーム"を組成して開発にあたる手法です。

お客様から見た場合、「何らかの個別案件を外注する」のではなく「自社の開発チームを社外に持つ」形となりますので、リソースの許す限り、お客様の優先順位に従って活用することが可能です。案件ごとに要件・お見積りのやり取りが必要になる受託開発とは異なり、よりスピーディかつ柔軟に開発を進めていくことが可能となります。継続的な機能改善や運用開発および中長期利用に適している一方で、指示・質疑等チームとのコミュニケーションは必須であり、いわゆる「丸投げ」には向いていません。

また、ベトナムという場所の特性上、エンジニアコストは日本よりも安くなり(約1/2〜1/3程度)、中長期で継続利用することにより、莫大な開発コストダウンにもつながります。


ラボ型開発のメリット

「外注チーム」から「お客様のチーム」へ

ラボスタイルの最大のメリットは「安定的に専属チームを持てる」ということです。専属チームなので複数案件・複数作業をお客様御自身で定めた優先順位に従って、柔軟に対応することが可能です。加えて、継続利用すればするほど、チームは成長・成熟していきます。純粋なエンジニアスキルの向上に加え、お客様のシステムに対する理解やプロジェクト進行の熟達などの習熟効果により、チームは本当の意味で「お客様のチーム」へと変貌していきます。

コストダウン効果

近年日本のシステム人材市場は「人員不足→需要拡大→コスト高騰」の流れにあり、人員確保のコストは企業利益にとって大きなダウンサイトリスクとなっています。ベトナム子会社を拠点とする当社ラボ型開発は、国内調達の1/2〜1/3という低コストでチーム組成が可能です。また、基本的に人員そのものに対して費用が発生するため、リスクバッファ等を積み上げる受託開発と比較して、安価なコストでシステム開発を行うことが可能となります。勿論これらのコストメリットは、チーム人員が増えるほど、利用期間が伸びるほど、そのインパクトは大きくなります。

柔軟な人員増減が可能

日本国内において、例えば「急な退職者が出た時」や「至急対応が必要な新規案件が発生した時」に、即時にエンジニアリソースを確保・補充することは非常に困難な実情があります。採用にも時間がかかりますし、案件技術にフィットする人員がすぐに見つかるかどうかも分かりません。翻ってベトナムにおいては、国を挙げたIT施策により、非常に豊富なエンジニア人材が存在しています。急な状況の変化に応じて柔軟にチーム規模を増減させることで、国内の人材リスクの受け皿としてご活用いただくことも可能です。

以上のようなメリットにより、ラボ型開発というスタイルは、継続的な開発リソースが必要である組織にとって、まさに「かゆいところに手が届く」ソリューションであると私たちは確信しています。


ラボ型開発のリスク

ラボ型開発における最大のリスクは「コミュニケーション不全」です。やはり距離・文化・言語の壁が存在している中では、丁寧なコミュニケーションが不可欠です。オフショア開発の失敗原因のほとんどは、技術面よりもコミュニケーションにあります。当社では豊富な実績と独自の手法により「失敗しないオフショア開発」を合言葉に、お客様を徹底サポートさせていただきます。


ムロドーグループの特徴と強み

日越両面からの徹底的なフォローアップ

他社のラボ型開発サービスは「単なるチーム貸し」という形態を取っているものがほとんどです。しかしながらこの方式では、すべてのマネジメント負荷がお客様にかかってしまい、なかなか上手くいきません。当社では、日本人にマネージャによる丁寧なヒアリングを行うところからプロジェクトをスタートさせます。お客様のサービスの理解からシステム内容の把握、進め方のすり合わせ等に関するお打ち合わせを複数回実施し、ともにオフショアチームを作り上げるプロセスを大切にしています。また、ベトナム現地チームとのミーティングに加え、日本側でも定例会を開催し、Face to Faceのコミュニケーションで表面に出てこない課題や潜在ニーズをキャッチアップし、日々の改善活動につなげています。

優秀な人材へのこだわり

ベトナムには非常に多くのエンジニアが存在し、かつ毎年その数は増え続けています。ですが、やはり年齢層が若いこともあり、技術者としての人材クオリティは様々です。当社では、ベトナム人エンジニア評価に特化した独自メソッドで採用面接を行い、さらに「プログラム言語テスト」「数理アルゴリズムテスト」「IQテスト」「実装テスト」の4段階のテストを実施することで、選びぬかれたエンジニアチームを選定しています。

現地ブリッジSEを置かない独自手法

オフショア開発の定番のチーム編成として「ブリッジSE+エンジニア」という形が一般的とされています。ブリッジSEの役割は「お客様とエンジニアの間に立ち、日本語を使ってコミュニケーションの中継点として機能し、プロジェクトをマネジメントしていくこと」であり、十分なエンジニアスキルと豊富な経験が必要となります。極めて若く、人口ピラミッド的に中堅層が少ないベトナムという国においては、そのような人材は極めて少なく、実際は「技術も日本語も中途半端」なブリッジSEが多いのが現状です。また、基本的にブリッジSEは実装作業は行わないため、実際の作業工数は「契約人数-1」となってしまいます。

当社では、そのようなベトナム国内環境も踏まえた上で、ブリッジSEを廃止し、お客様とエンジニアが直接やり取りをしながら進めていく方式をとっています。日本語に関しては、専門の技術通訳/翻訳者を多くそろえ、半同時通訳/翻訳を行うことで、ブリッジSEが行うよりもスムーズで正確な伝達を実現しています。

豊富なマネージャー陣

ベトナムにおいては、どれだけ厳しい採用試験で人材クオリティを向上させたとしても、解決できない課題があります。それは若さから来る「経験不足」です。スキルが高くとも、経験だけはある程度年齢に比例するからです。当社では、経験不足となりがちなチームをフォローするために、日本人/ベトナム人マネージャークラスの人材を多くそろえています。マネージャーは、日々チームとお客様の間で交わされるすべてコミュニケーションを常時監視し、問題があればすぐに指示・指導に入ります。トラブルの種を小さいうちに潰しておくことで、大きなミスを防いでいるわけです。お客様が希望された際には、日本人マネージャーと直接やり取りいただくことも可能です。


失敗しないオフショア開発

「オフショア開発は失敗する」という声をよく聞きます。私たちがベトナムで開発会社を設立した時にまず取り組んだのがこの「失敗理由」の徹底的な調査・分析です。「失敗しないオフショア開発」を合言葉に、多くの取り組みと失敗を積み重ねてきました。現状、当社サービスをご利用いただいているお客様の1年以上継続率は90%を超えています。そのようにしてできあがった私たちのオフショア開発サービスは、他社にはない明確な強みと独自性を持ち、必ずやお客様のシステム開発を成功に導くものであることを確信しております。是非お気軽にお問い合わせ下さい。


チーム運用イメージ

オフショアチームをご参照ください。


技術カバレッジ

対応領域
Webシステム開発 スマートフォンアプリ 業務システム開発
OS
Linux Windows Android iOS
言語
Java PHP Python Ruby
.NET (C#/VB) Scala JavaScript Objective-C
Swift Android-Java
フレームワーク
Spring Struts2 Seaser2 Java EE
Play .NET Framework Laravel Codeigniter
Zend Symfony Cake PHP Fuel
Ruby on Rails
DB
Oracle SQL-server MySQL PostgreSQL
MongoDB DynamoDB
インフラストラクチャ
AWS Google App Engine Microsoft Azure Heroku
コミュニケーションツール
Skype Slack Chatwork
プロジェクト管理ツール
Redmine Backlog JIRA
CI
Travis CI CircleCI Jenkins
ソース管理
Github SVN Bitbucket

導入実績

EC大手企業様(一部上場)

欧州小売事業者向けスケーラブルAPIの開発(EC・在庫管理・商品管理システム等)

旅行事業者様(一部上場)

旅行販売サービスサイトの構築および運用

家電メーカー様(一部上場)

家庭内IoTデバイスの常時接続型管理・制御システムの構築(バックエンドおよびAndroidアプリ開発)

家電メーカー様(一部上場)

スマートTV内のコアAndroidアプリケーション作成

EC大手企業様(一部上場)

欧州小売事業者向けスケーラブルAPIの開発(EC・在庫管理・商品管理システム等)

大手家具販売事業者様(一部上場)

顧客クレーム管理業務システム

動画サービス事業者様(一部上場)

動画配信サービスのスマートフォンアプリ開発(iOS/Android)

飲食情報サービス事業者様(一部上場)

オフィシャルスマートフォンアプリ開発(iOS/Android/タブレット)

大手音楽配信事業者様

消費者行動ログにもとづくビッグデータ解析システム

医療系サービス事業者様

医療系管理システムのエンハンス

会員管理サービス事業者様

モール型会員管理およびECシステムのスクラッチ開発

導入事例およびVOICESをご参照ください。