事業内容

スクラッチ開発 | 選べる2つの開発スタイル

ムロドーグループでは、「受託開発」と「ラボ型開発」の2つのパターンでシステム開発サービスを提供しております。

一口に「システム開発」と言っても、その内容は様々です。

「新規開発を全体的にお願いしたい」といったケースと「既存システムの継続的な機能開発をお願いしたい」というケースでは、求められる職能や体制は異なります。前者の場合は、要件を集約してシステム設計に落としこむようなプロジェクトマネージャ的な人材や、既存競合サービスの評価も含め「あるべきシステムのかたち」を踏まえた上で開発を進めるような経験値が要求されます。一方後者の場合には、既存サービスの内容を把握し、次々と実装を進めていくエンジニアリソースを質的・量的に安定化させることが課題となります。

当社では、下記の開発方式のいずれか(あるいは両方)を組み合わせることにより、お客様の様々なご要望にお応えしております。

受託開発
[詳細はこちら]

受託形式でのシステム開発は、主に日本法人でお請けしております。中小規模〜大規模開発まで幅広い実績があり、ヒアリングを踏まえてお見積りを行い、お見積り内容に準じて要件定義〜設計〜実装〜テストまで一気通貫で作業を行います。シンプルなWebシステムの開発から、大規模トラフィックのマネジメントが必要な高難易度案件まで、幅広く対応いたします。

ラボ型開発
[詳細はこちら]

弊社ベトナム子会社で行っているオフショア開発サービスです。受託開発のように案件ごとにお見積りベースでお請けするのではなく、お客様の専属チームをベトナムに組成し、中長期的に開発を行っていくスタイルです。日本国内でのエンジニア確保が困難になってきた昨今において、急速に広まっている開発手法です。距離や文化・言語の壁によるトラブルを回避するための徹底的なフォロー体制を持つことにより、安価で安定的な開発リソースの確保を実現します。システムの継続運用や機能改善開発、まとまったボリュームのリファクタリング案件等に向きます。

お客様の事業フェーズやニーズに合わせ、自在にご利用頂ける体制を備えていることこそが、当グループの最大の強みであり特徴です。

ご状況に応じて、最適な開発ソリューションをご提案させて頂きますので、まずはお問い合わせください。